One World: Together at home

カナダ生活

週末は散歩か買い物以外は自宅にいます。ミュージシャンが自宅で歌うファンドレイジング企画の番組をYoutube Liveで昼間から観ていました。

The Killersは昨年ライブも観に行って長く聴いているバンドでしたが今日は視聴者が世界中にいるため撮影を意識したものになってました。自粛中に彼らのYoutube番組に同じ曲をバスルームで歌っているものがあるのですが、そちらの方が不便な暮らしのありのままを出しているようで勇気をもらえます。

夜から本番組が2時間スタートして、聞き流していましたがアーティストが入れ替わるごとに英語圏を中心に世界各国の外出規制中の生活を映しており、そちらも印象的でした。

夜7時に住人がバルコニーに出て医療従事者に向けて拍手を送る姿、近所の広場で間隔をあけてヨガ、ズンバ、ダンスをする人たち、車が通らない道路を一人楽器を持って演奏しながら歩く人など、今年の1月と3月であっという間に日常の景色が変わってしまいました。

皆がいつ終わるか分からない外出規制ですが、今は家にいましょうと。家にいてもテレビ、スマホで好きな音楽にアクセスできることで、この状況下で心の平安を保つためにもアーティストをはじめとした表現者は多くの人へ貴重な役割を果たしていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました