アメリカ カナダ 日本の運転で走行車線を間違わない方法

駐在

日本 左車線走行

アメリカ カナダ 右車線走行

ドライバーが日本に居住し日本で運転している場合、どちらの車線を走行するか迷うことはないと思います。考えなくとも習慣がそうさせているからです。

しかし日本で毎日のように運転していて、北米で運転することになった時に気をつけたいのが走行車線です。

国際免許証さえあれば、北米でレンタカーを借りていきなり路上へ出ることができます。

北米は右車線走行になりますが、自分の前方に車がいる場合はついていくことができるので、心配はありません。

注意が必要なのは、車通りが少ないところでの右・左折時です。

日本の運転習慣で車線を間違えてゾッとした経験がある人が、たくさんいます。

ドライバーが北米で毎日運転をしていて、日本へ一時帰国した際の走行車線の間違いも同様に起こり得ます。

走行車線間違いを防ぐ簡単な方法

もう一度言いますが、北米で車を運転する場合は右車線走行です。

エンジンを始動しハンドルを握ったら、シフトレバーを操作前に右・右・右と復唱します。

路上へ出てウインカーを出す時に、どちらに曲がる時も右・右・右と復唱します。

まっすぐ走っている時も、対向車線に車がいないときは、確認のため右・右・右と復唱。

右・右・右は右レーンを走行するという自分への意思確認ですね。

どうでしょうか?単純ですが効果がありますので是非やってみてください。

交差点に入ってから、どっちの車線だっけ?と迷ってしまってからでは遅いのです。

また考え事をしながら路上に入ると、走行車線への意識がなければ、過去の習慣が優先されて間違った車線に入ってしまうことがあり得るんです。

入国後の最初の数週間はこの復唱を実践することをおすすめします。

日本へ帰った時は、同じ手順で左・左・左と唱えます。

北米で生活する上で車の運転は欠かせない方がほとんどだと思います。

少しのことに気をつけて運転を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました