アメリカ カナダの賃貸探し1 サービスアパートメント

駐在

北米での住まい探しですが、何年か住むことを前提とするとしっかり選びたいですよね。私は異動が多く、戸建て、タウンハウス、アパートメント、コンドミニアム、サービスアパートメントの賃貸経験がありますので、それぞれ特徴を説明します。

サービスアパートメント

1ヶ月単位を基準に不動産会社が賃貸に出す物件です。キッチン、家具、Wifiが備わっています。短期出張者向けに契約したり、赴任して最初の数ヶ月の仮住まいに適しています。

短期契約なので月額単価は高くなりますが、ホテル住まいの外食はすぐに飽きますので、1ヶ月以上から数ヶ月滞在する場合はサービスアパートがベストの選択です。

不動産会社に連絡して事前に手配してもらいますが、ホテルではないので初日の鍵の受け取りは、不動産会社の営業時間にオフィスまで出向いて行います。親切な会社であればカギの受け渡しと部屋の案内のために現地のアパートで待ち合わせをしてくれるかもしれません。どちらの場合も時間に制約があります。

キッチン付きホテル

サービスアパートメントは残念ながら都市部でなければ物件がないと思います。

物件を本契約する前には短期滞在や赴任初月の場合、ホテルに滞在することになるでしょう。

自分で料理をしたい場合はキッチン付きのホテルを予約することになります。ホテルのウェブサイトで付帯設備を確認しフルキッチンとなっていれば、フライパンからフォークまですべて揃っています。

簡易キッチン付きとなっている場合は電話をして、コンロの有無、冷蔵庫の有無などを念のため確認して下さい。ホテルによって設備がまちまちでお皿と蛇口とシンクがあるのみというホテルもあります。一泊から予約可能です。リネン交換は週に1回程度。

料理をしない場合は一般的なホテルを予約する選択肢もあります。3日以上滞在するのであれば通常のホテルの場合も電子レンジはある方が便利です。設置はホテル宿泊料の多寡ではなくホテルのポリシーによりますので、レンジの有無は事前確認をおすすめします。

次回は1年以上の賃貸契約についてです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました